高額なインカムはレンタルしてコストダウンしよう

複写機を安く導入したい

コピー機

会社の事務所で毎日利用しているのがコピー機です。非常に便利な機器ですが、いざ購入しようとすると初期費用がバカになりません。とは言え導入しないわけにもいかないので、初期費用を安くする方法にリースという選択肢があります。コピをリースするメリットですが、コピー機の購入費用が全くかからないところが最大のメリットです。コピー機の所有権はリース会社にあるため、固定資産税や減価償却費もかかりませんし、資産管理業務も不要で非常に助かります。支払いは月々固定料金が一般的で経費で支払えるところもメリットと言えるでしょう。このようなメリットのあるコピー機のリースの導入方法について紹介します。まずはコピー機の選定から始めます。コピー用紙の大きさやカラーコピーの必要性、FAX、PDFやパソコンとのネットワークにも対応するかなど、自身の会社に必要な機能をリストアップして機種の絞り込みをして下さい。機種の選定が終わったら次にリース会社の選定です。希望の機種を取り扱っているリース会社を複数ピックアップして一度見積もりをとってみましょう。殆どのリース会社は無料で見積もり対応してくれます。見積もりの際には機種だけでなく、何年契約かもきかれるので、最低使用する期間を伝えましょう。大体5年前後の契約が多いようです。リース会社からの見積書が出てきたら内容を比較して、料金やサービス等を総合的に判断して会社を決定して契約を締結しましょう。